将来

 自分がいる大学で卒業している人達の話をちょいちょい耳にしますが、就職はやっぱり大変なようで。

ここはcollegeなので日本に帰れば専門、短大扱い。

つまりdegree(学位?)の有無が日本で言う大卒と短大、専門卒の違いなんですが

こっちにいてもdegree取ってるかどうかで給料違うみたいだし(degreeはcollegeでも取れますが)、日本で仕事探すともなれば日本の会社は未だに学歴が重要視されるようで。

それが外国の大学ともなれば名のある所じゃないと会社側にも響かないでしょうし。というのはこっちに来る前に聞いた話ですが。

今時英語喋れますじゃあなんにもなんないってこと。

大変だあ

university編入も視野に入れておかないと?

日本のcollege=短大っていう考え方は間違ってると思うんだけどな

仕組みとか、やってる範囲も違うと思うし

普通に、日本の大学卒業してから来れば良かった?w

いやいや、思い立ったら即行動。あの時迷わないと誓ったハズ笑

日本の大学はもう通う気ないので、問題はこっちでdegree取っとくか取らないかということ。

違いはdegreeを取得する学科の方が1、2年期間が長い事と、ビジネス的な分野に関係する授業もあるということ。

そのままスムーズにいったとしても、卒業した時の歳を考えるととっても恐い。。。

そのジレンマに今悩まされてます

こうやって世の中の「社会」って螺旋に飲み込まれて行くのかー

あーあーいやんなっちゃう

今アイバーソンも彼のキャリアの方向に迷っているよう。

e0131473_13423430.jpg


彼はまあいわば選り好みみたいなものですが

簡単に言うと彼を獲得したいチームは現在4チーム、金の低さとチームでの役割に何も不満を持たないのであれば引く手数多状態といってもいいと思うんですが

やはり彼

スタメンになりたいんだってw

今クリッパーズが好条件で契約を提示しているらしいですが(それでも去年までの彼の大型契約、年棒約21億円にくらべるとだいぶ下になりますが)、今クリッパーズにはBaron Davis、更には今将来有望な若手Eric Gordonがいるので、スタメンはおろか出場時間も多く望めないということで契約を渋っています。

さすがにGordonよりIversonをPGで多く使うことになるでしょうが、ダンリービーHCも彼が控えからの出場を受け入れるのを確認してからでないと獲得したくないとの意向を示しているらしいですし。。。

先行きは不安

個人的には前にも言ったようにボブキャッツに入れば彼にとって最良の選択な気がするんですが、これはどうも「金」の問題ですかね笑

あと大きな街でプレイしたい彼にとってはシャーロットは少し田舎なのかも

彼はきっとまだ輝けるはずなんで、引退までの残りの数年一つのチームに留まって頑張ってもらいたいですね

e0131473_13554914.jpg


さて俺は英語勉強しようかな!

もし日本で職探す事になった時に「カナダで卒業しましたが英語喋れません」じゃ話にならないのでねw
[PR]

  by egowakokoronotero | 2009-07-15 13:57

<< Earl Boykins 日本 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE